サステナビリティ

Sustainability image - fern at Amazon Spheres
Amazon Spheres - photo of fern
写真: JORDAN STEAD

日本の地理的な制約を乗り越え、再生可能エネルギーの利用を促進

Amazonは、2040年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにするという公約を掲げて、サステナビリティの取り組みを加速させています。そして日本でもこの目標に向かって、独自の取り組みが始まっています。

Amazonが新たに5つの再生可能エネルギー・プロジェクトを発表

中国、オーストラリア、米国のグローバル事業を支える、発電所規模の新しい太陽光発電プロジェクト

私たちが選ぶ未来

元国連気候変動枠組条約の事務局長クリスティアナ・フィゲレス氏とリベット・カルナック氏の組織「グローバルオプティミズム」はAmazonと協力し、2019年に「気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)」に共同調印しました。その舞台裏と環境問題に対して悲観的ではないことをフィゲレス氏とカルナック氏が語ります。

気候変動に対抗する運転設計

安全面や持続可能性を重視するAmazonの新たな電気配送車の設計に配送ドライバーが協力

Amazonの新たな電気自動車開発の舞台裏に迫る

Amazonは、パリ協定を10年前倒しで達成する目標を掲げた気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)のための活動の一環として、米国デトロイト郊外のプリマスに車両開発センターを持つ、無排出ガス電気自動車メーカーのリビアン社に、過去最大規模となる10万台の電気配送車両を発注しました。その新たな電気自動車開発の現場を動画と共にご紹介します。

Amazonが20億米ドルのClimate Pledge Fundを創設

Amazonは20億米ドルのClimate Pledge Fund(気候変動対策に関する誓約のための基金)を設立しました。このファンドは、Amazonを始めとする企業が2040年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロとする気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)の達成するための、持続可能な技術やサービスの開発を支援します。

気候変動対策に関する誓約 (The Climate Pledge)の進展

昨年の気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)の共同調印以来、Amazonは世界中で再生可能エネルギーに新たに投資し、新しい電気配送車両の計画と、The Nature Conservancy(ザ・ネイチャー・コンサーバンシー)と共に初の「Right Now Climate Fund(ライト・ナウ気候基金)」プロジェクトを発表しました。

Amazonが目指す「サステナブルな未来」

2019年9月、AmazonのCEOであるジェフ・ベゾスはGlobal Optimismとの間で、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)に調印しました。Amazonはこの誓約書に署名をした初めての企業となります。同誓約では、パリ協定の達成目標である2050年よりも10年早い、2040年までに「炭素ゼロ」(二酸化炭素排出量の実質ゼロ化)の達成を約束するものです。

AmazonとGlobal Optimism、パリ協定の目標達成を10年早める気候変動対策に関する誓約を共同調印

- 2040年までの炭素ゼロ達成に向け、2030年までに再生可能エネルギーの電力比率を100%に - 電気配送車両の発注では、過去最大となる10万台の電気配送車を発注 - 大気から炭素を除去するため、世界中の森林再生プロジェクトに1億ドルを投資 - サステナビリティの取り組みを報告する新しいウェブサイトを米国で設立
ニュースレターに登録
数週間ごとに、Amazonが発信するニュースや情報をお届けします。
reCAPTCHAで保護されています。Google のプライバシーポリシ ーと 利用規約 が適用されます。