生鮮食品や専門店のこだわりの食材、飲料、日用品などをまとめて注文でき、最短で当日に受け取ることができる、「Amazonフレッシュ」。今回、人気料理研究家のコウケンテツさんに、Amazonフレッシュで取り扱っている食材を活用したレシピを考案していただき、コウさんのYouTube公式チャンネル「koh kentetsu kitchen」でご紹介いただきました。Amazonフレッシュの品揃えや鮮度に「驚き、ライフスタイルが変わった」というコウさん。その理由を伺いました。
※AmazonフレッシュはAmazonプライム会員向けサービス(一部エリア限定)です。

新鮮なまぐろづくし!あぶり漬けまぐろ&まぐろと春菊のすだちオリーブじょうゆ

―― Amazonプライム会員として普段からAmazonを利用されているそうですが、Amazonはどういった時に利用されていますか?

「もう、しょっちゅう利用しています。雑貨や生活小物、ゴルフ用品、服、おもちゃを含め子ども関係のもの全般……。ありとあらゆるものの買い物に利用しますね。妻も日用品の買い物によく利用しています。ただ、Amazonプライム会員でありながら、Prime Videoで映画が観られることを知ったのがわりと最近なんです。だって、買い物だけでも便利だし特典がたくさんあるのに、まさか映画まで、特典で観られるなんてって、びっくりしました。最近は、大作映画を子どもと一緒に観ています」

―― Amazonフレッシュを使ってみた感想はいかがですか?

「大げさに聞こえるかもしれませんが、もうこれは『革命』ですね。ライフスタイルががらっと変わります。料理研究家という仕事柄、食材の買い物は毎日で、1か所のスーパーでは目当ての食材が揃わなかったりするので、スーパーをはしごすることも多々あり、だいたい毎回買い物に2時間はかかるのが当たり前です。それが、Amazonフレッシュなら自宅にいながら食材が買えて、しかも品揃えが豊富。鮮度や品質が良いものばかりだし、今までの苦労は何だったんだろうって拍子抜けしましたね。品揃えの広さ、食品の鮮度、利便性が揃っていて、言うことなしでした」

―― 料理研究家の目線で見て、Amazonフレッシュで取り扱っている生鮮食品について、鮮度や品質はいかがでしたか?

「まずは『一度も凍結していない生本まぐろ』が衝撃でした。味と色が違うんです。プロじゃなく誰が見ても新鮮さがわかる色でした。普段食べているまぐろは、一度冷凍されているものが大半だと思うんですが、このマグロは海で捕って、さばいてすぐ届けたんじゃないかというくらいの鮮度でした。調理する前に少しだけ刺身にしたんですが、もう子どもたちの食いつきぶりが、すべてを物語っていました。野菜もとても新鮮で、撮影に大活躍しています。どの生鮮食品も、鮮度も形も色も素晴らしくて、腕のいいバイヤーが買ってきてくれたみたいな感覚でした」

―― 今回考案されたレシピで工夫されたポイントを教えてください。

「レシピを考えるときには、いつも食感を大事にしています。素材の持ち味を活かして、素材の良さを引き立てる香りづけもポイントにしていますね。今回のマグロはモノがよかったので、余計なことはしたくないなと思いつつ、マグロの食感や風味を引き立たせるために、オリーブオイルや柑橘類を使いました。それから、ただヅケ(漬け)にするのではなく、ヅケにしてから数秒だけ焼くことで香ばしさを出しました」

「冷凍していない本マグロ」でレシピを開発

コウさんのYouTube公式チャンネル「koh kentetsu kitchen」は、登録者42万人以上という人気チャンネル(2020年9月現在)。

―― Amazonをご利用のお客様の中には、仕事や子育てで忙しく、ゆっくり買い物に行く時間がないという方もいらっしゃいます。コウさんのレシピの中にも「簡単レシピ」や「ほったらかしてもOK」といったものが多くありますが、「時短」で意識されていることはありますか?

「やっぱり誰にとっても時間というのは大切ですよね。作る側のことを考えて、常にできるだけ短く簡単に作れるようにするにはどうしたらいいかということを意識してレシピを作っています。毎日のことですし、料理がストレスにならないように。料理研究家として経験を重ねていくほど、調理工程はむしろシンプルになっています」

―― ご自身も3児のパパということで、親子の食育や食を通じたコミュニケーション活動にも注力されていますが、食育についてはどのようにお考えですか?

「『食育』と言うと、難しく考えてしまいがちですが、とにかく食卓を家族で囲んで、楽しく食事をすることが一番だと思っています。親自身がまずは『食事は楽しい、おいしい』と感じることが、子どもたちにとっての食育のベースになるのではと思います。また、子どもたちの『おいしい!』は何よりもうれしいですし、幸せな気持ちになります。子どもが食べ物をこぼすたびに目くじらを立てていたら、食卓の雰囲気は悪くなってしまうので、お行儀よりも『楽しく』を優先して、もし子どもがこぼしても、『まあまあ』と自分に言い聞かせます。Amazonフレッシュで注文する際に、子どもと一緒に食材を選ぶことも食育の時間にできるかもしれないですね」

―― レシピ作りにおいて大切にされていることはなんでしょうか?

「YouTubeを始めてみて改めて、作る側の気持ちがわかりました。作る側が楽しくないとダメだなと。作っていて発見があったり、アイデアが浮かんだり、ワクワクすることを盛り込んで、楽しむことを徹底しています。今まで大量にレシピを考案してきましたが、伝え方もとても重要だとつくづく思いました。自分自身が楽しんでワクワクしながら作っていると、きっとそれが伝わると思うので、そのためにも『楽しく作れる』ということや『簡単』であることも大切にしています」

「冷凍していない本マグロ」でレシピを開発

―― 最後に、Amazonフレッシュを使ってみたい、使っているという方に向けて、コウさんならこう使ってみたい、この食材が気にいった、といったおすすめポイントを教えていただけますか?

「まずは生鮮食品を買ってみて、その鮮度に驚いてほしいですね。届いてから思わず『めっちゃフレッシュ!』と声が出てしまいましたから。商品も妥協なく求めているものが選べますし、品揃えが豊富なので、世界が広がり、選ぶのも楽しみになります。今まで買い物にかけていた時間と労力が相当なものだったことに気づくと同時に、時間に余裕が生まれます。その分、家族と過ごす時間も増やせますよね。そして、本当にいい食材が手に入るので、料理へのモチベーションもきっと上がるはずです!」

Amazonフレッシュについて詳しくはこちら

AmazonブログのTopページへ