9月18日(水)から23日(月・祝)までの6日間、天王洲キャナルエリアに「Amazon Bar 〜Tasting Fest〜」が期間限定でオープン中です。2017年の開催から2年ぶりの開催となる今回のAmazon Barのテーマは「テイスティング」。「お酒は好きだけど、知らない銘柄がたくさんある」「どんなお酒が自分の好みかわからない」といったお悩みを持つお客様に、Amazon.co.jpで販売しているお酒をリアルに体験いただき、ご自身の好みを見つけていただく場として、この企画が生まれました。

今回用意されたお酒は約720種類。来場者は4つのタイプの中からご自分の気になるお酒をピックアップして、お酒にぴったりのおつまみと共にテイスティングできます。開催に先立って行われたプレオープンイベントに、Day One Blogスタッフが参加した様子をお届けします。

Amazon Barの会場は、天王洲キャナルエリアのウォーターフロントに位置する3つのスペース(TMMT、B&Cホール、T-Lotus)です。提供されるお酒のカテゴリーによって場所が分かれており、いずれも運河に面した開放的な環境で心地よくお酒を飲むことができます。

受付のあるTMMTに入ると、壁一面に広がる360°のディスプレイ展示スペースにワインやウイスキー、日本酒、焼酎、リキュールなどのボトルがずらりと並んでいます。これらはすべてAmazon.co.jpの「お酒ストア」で取り扱いのあるお酒で、「お酒ストア」では常時数万点もの品を取り揃えているのだとか。お酒の多種多様さをたっぷり感じたところで、テイスティングがスタートです。

約720種ものお酒から自分好みのものを探すのは大変なことです。受付で「4つのタイプ」(冒険、革新、人気、伝統)の中から、自分がお酒を飲むときに最も大事にしていることを1つ選択し、パンフレットをもらいました。今回は「伝統」を選びました。

続いては、ビールや焼酎、ウイスキーなど9つのお酒のカテゴリーから飲みたいものを決め、それぞれのカウンターがある会場へと移動します。最初は「ビール」を選びました。受付で渡されたパンフレットには、カテゴリーごとに厳選された20種の銘柄が並びます。その中から3つの銘柄を選びお酒の番号を伝え、カウンターでテイスティングセットをオーダー。お酒に合うおつまみも提供されます。

パンフレットには「辛口」「重厚」「フルーティー」などの味わいが書かれており、さらに銘柄ごとの特徴も明記されています。お酒に詳しくない方も気軽に選ぶことができますし、詳しい方でも新しい味に挑戦できそうです。

試飲スペースでテイスティングを楽しんだら、再びカテゴリーを選び直して、新しいお酒を注文します。今度は「日本酒」の中から3杯を選択しました。入場料に含まれるテイスティングセットは3回分、合計9杯のお酒を試すことができます。もっと楽しみたいという方は追加での購入も可能です。

また、この日は開催がありませんでしたが、18日のオープン後は、ここだけの限定品や発売日前の希少なお酒を試飲できるAmazon Barならではの特別なイベント「プレミアム体験」もあるそう。日によっては2つ開催される日替わりイベントの中から1つを選んで参加できます。

ここまで飲んでみると、自身の好みのお酒が見つかった気がします。そんな方は、早速Amazon.co.jpで注文してみてはいかがでしょう。1,000円以上のお酒をAmazon Bar会場で購入し、注文履歴の画面をスタッフに見せると、Amazon Bar限定のオリジナルグッズがもらえます。

期間限定の「Amazon Bar」で自分好みのお酒を見つけよう
会場限定の購入者特典。この中から1点をプレゼント

さらに、会場では特別なキャンペーンも。店内で撮影した写真に#AmazonBarFestのハッシュタグを付けてSNSに投稿すると、特典としてプレミアムドリンクの中から1杯を選んで飲むことができます。

イベントの詳細は「Amazon Bar 〜Tasting Fest〜」特設ページまで。ご参加には事前のお申し込みが必要です。先着順申込を受付中ですので、ご興味のある方はお早めに。

お酒ストア」では、イベント開催期間中の9月23日まで、「Amazon Bar ~Tasting Fest~ 開催記念キャンペーン」を実施中です。普段は手に入りにくい希少なお酒の限定販売も実施していますので、イベントに参加できない方もぜひ新しいお酒と出合う体験をお楽しみください。