Amazonがつなぐ夢

Employee & Child Learning at Amazon
写真: JORDAN STEAD / Amazon

デジタルが切り拓く中小企業の未来 Vol.1 彼女たちはいかにして道を切り拓いたか?(前編)

日本経済を支える中小企業の多くがDXを推し進め、ビジネスに変革をもたらす活動を行うと共に、中小企業の数だけ挑戦のドラマが生まれています。デジタルが切り拓く中小企業の未来とAmazonのサポートを紹介する連載企画の第1回は、女性が活躍する企業の未来にフォーカスします。

「盆栽愛」が導いた盆栽通販の可能性

海外からの注目も高く、日本でもじわじわと人気を集めている盆栽。香川県高松市にある通販サイト「盆栽妙」は愛好家の裾野を広げ、生産者との間をとりもつ架け橋として日々、奮闘しています。その中心にいるのが、店長の高村雅子さん。市場に新風を吹き込むパワーと「盆栽愛」の源をうかがってみました。

猫の幸せを第一に商品開発し世界へ

猫がフードを食べやすい姿勢は? 猫も飼い主もストレスにならない爪切りは? 生活の中に溶け込むようなデザインの猫グッズはないの? 猫と飼い主の気持ちをよく考えて作られた猫壱の商品。その開発の舞台裏にはAmazonのカスタマーレビューがありました。

Amazonビジネスは、世界の企業の経営効率化を支援しています

Amazonビジネスは個人事業主から多国籍企業まで、世界で500万超の法人のお客様にサービスを提供しています。年間売上は世界で250億ドル超に達し、その半分以上は販売事業者様による売上です。ペーパーレス化やワークフローの改善に向けてデジタル化を進めるお客様の経営効率化を支援しています。

にっぽんの中小規模事業のデジタル化を応援【その2】和飲風土が目指すお酒文化の継承

コロナ禍で飲食店による仕入れの減少やイベント中止などに伴い、大量の在庫を抱えたものの、SNSやECの活用で窮地を脱した酒類販売店があります。その根底には、場面に彩りを添えるお酒の魅力を文化として受け継がれるものにしたいという経営者の想いがありました。

活躍する女性たちと考える 誰もが輝ける日本の未来とは

3月8日の「国際女性デー」に際し、アマゾンジャパンではトークイベント「活躍する女性たちと考える、誰もが輝ける日本の未来とは」を開催。また女性リーダーが活躍する中小規模の販売事業者のストーリーや商品を紹介するスペシャルサイトも公開しました。

多様な働き方が進む今、求められる購買業務の効率化

コロナ禍における働き方の変化に伴い、必需品の購買業務にもオンライン化の波が起き始めています。昨年の緊急事態宣言発出前後に実施した調査から浮かび上がった、平時と異なる購買方法への戸惑いや紙での経費精算が負担になっている様子など購買業務の課題点をふまえ、効率化を図るうえでのポイントを考えます。

にっぽんの中小規模事業のデジタル化を応援【その1】ヒューマンライフケアが描く新たな介護現場の未来

高齢化が進み、介護施設の需要が高まる中、介護従事者の労働環境改善が急務となっています。ご利用者様と接する時間が嬉しいという現場スタッフの想いと、3割を占める事務作業の負担軽減の必要性を痛感する本社スタッフの信念が、解決に向け動き出しました。

100%再生可能な新素材で「水をつかむ」ウォータージャグを開発

Amazonビジネスが星のや、secca、石川樹脂工業のサステナブルなものづくりを支援

「ほしい物リスト」でつながる応援する心

東日本大震災をきっかけに、Amazonの「ほしい物リスト」を災害復興に利用する自治体が増えてきました。なかでも千葉市は、災害だけでなく、動物公園や児童養護施設などの寄付活動にも活用しています。その活用術をうかがってみると、生まれていたのはモノの交流だけでなく、人と人との温かい絆でした。
Next Page
ニュースレターに登録
数週間ごとに、Amazonが発信するニュースや情報をお届けします。
reCAPTCHAで保護されています。Google のプライバシーポリシ ーと 利用規約 が適用されます。