Amazonは、地球環境の保護を重要視しています。昨年、Amazonは2040年までに事業全体で二酸化炭素排出量を実質ゼロとするThe Climate Pledge(気候変動対策に関する誓約)に共同調印しました。以来、多くのプロジェクトを推し進めてきましたが、そのスピードを緩めることはありません。Amazonは、Amazonデバイス&サービスを含むすべての事業分野で、より持続可能なソリューションを考案し続けています。

お客様が環境に与える影響を減らすためのAmazonの取り組み

これまで多くの企業は、製品をより持続可能にする方法を検討する際、デバイスの製造過程と、廃棄方法の2つに着目してきました。しかし、Amazonはこの従来の考え方とは異なり、お客様の家庭へデバイスをお届けした後も、Amazonはデバイスのエネルギー使用量を重視すべきであるであると考えています。デバイスの二酸化炭素総排出量の概して半分以上は、デバイスの使用時に発生します。だからこそ、Amazonは自社だけでなく、お客様が環境に与える影響も減らしたいと考えました。

Amazonは、再生可能エネルギーへの投資を通して、デバイスの使用時に消費するエネルギーに着目した取り組みを本日発表できることを大変うれしく思います。Amazonは、お客様がお使いのすべてのAmazon Echoシリーズが消費する電力に相当するクリーンエネルギーを生産するため、第一歩として新たな風力発電所や太陽光発電所を米国に建設しています。さらにEchoシリーズのみならずすべてのAmazonデバイスのエネルギー消費量を賄うまで、新たな再生可能エネルギー・プロジェクトを立ち上げ続けるなど、壮大な目標を掲げています。

さらに、地球環境やお客様に有益となるようAmazonはデバイスのエネルギー効率を上げるための努力を続けています。その取り組みの一環として、デバイスを使用していない間の消費電力を抑制し、デバイスの非稼働時間を通じてエネルギー消費量を削減する低電力モードを新しいEchoシリーズとFire TV Stickに搭載しました。また、すでにお客様のご家庭にある他のデバイスでも低電力モードを有効化することができる、無料のソフトウェアアップデートを順次展開します。

Amazonデバイスをより持続可能にする他の方法

本日発表したEchoシリーズおよびFire TV Stickの新製品には、100%再生利用のファブリックやダイカスト・アルミニウムを使用し、そして製品によっては30~50%のリサイクルプラスチックが使用されています。また、Amazonデバイスに同梱される特定の電源アダプターにおいては、50%のリサイクルプラスチックが使われています。

デバイスのパッケージに使用するすべての木材繊維素材において、適切な方法で保全管理された森林やリサイクル資源から調達できるよう取り組んでいます。また、Amazonデバイスやその梱包材などに関連する廃棄物の削減にも取り組んでおり、2020年だけでAmazonデバイスを販売している地域全体でのデバイス梱包用のビニール袋900万袋以上を削減します。本日発表したEchoシリーズとFire TV Stickのパッケージの98%以上には、適切な方法で保全管理された森林やリサイクル資源から調達した木材繊維の基材を使用しています。

今後の計画

気候変動は、一企業が単独で解決できる課題ではありません。Amazonは、他社の取り組みにも注目しつつ、この分野において発展し続けます。

この記事は9月24日に米国版Amazon Blog Day Oneで発表された記事の翻訳版です。

AmazonブログのTopページへ