2月15日(土)、神奈川県横浜市みなとみらいのクイーンズスクエア横浜にて、一人でも多くの人々に小児がんのことに関心を持っていただき、小児がんの子どもやご家族を社会全体で支えることを目指す「国際小児がんデー」啓発イベントが開催されました。Amazonは、今回のイベントの主催者である神奈川県立こども医療センター小児がんセンターと、かながわ健康財団の運営サポートを行いました。

会場では、小児がんの治療に従事する医師、薬剤師、臨床検査技師、カウンセラー、小児がんなどを克服された方々で結成されたブラスバンド「Swing for Kids」が2回にわたり華やかな演奏を披露しました。

また、チェコの腫瘍学博士ルツィエ・ツィングロショヴァー氏の発案のもと写真家カミラ・ベルンドルフォヴァー氏が撮影した写真展『MY NEW LIFE』や、がんの子どもたちが描いた絵画展なども行われました。

みんなで知ろう、小児がんのこと2月15日は「国際小児がんDay」
医療関係者たちと小児がんなどを克服された方々で結成されたブラスバンド「Swing for Kids」とボランティアたち

イベントの主催者である神奈川県立こども医療センターの医師・後藤裕明さんは、「ほとんどの人が、小児がんのことをよく知らない現状があります。多くの子どもたちが、がんに打ち勝ち、普通の生活に戻ろうとする中で様々な誤解をうけたり、問題に直面したりすることがあります。闘病中の子どもたちにとって、誰かが応援してくれている、関心を持ってくれていることは、私たちの想像以上に大きな励みになります。Amazonのみなさんが、こうして応援して下さることは、勇気を与えてくれるのです」と関心を持つことの意義を説明してくれました。

みんなで知ろう、小児がんのこと2月15日は「国際小児がんDay」
神奈川県立こども医療センターの医師・後藤裕明さん

さらに会場では、3歳のときに小児がんと診断され、自身の体験を『ぼくはレモネードやさん』(榮島四郎・著、生活の医療・刊)という絵本にまとめた榮島四郎くん(小学6年生)も、レモネードスタンドのボランティアに参加して、会場の人々に小児がんへの理解を呼びかけました。「小児がんになった子には、落ちこんだり、暗い気持ちになってほしくないです。治療中も、いろんなことをして遊んだり、楽しめるイベントがあれば、乗り越えられることを、僕は絵本で伝えています」

榮島四郎くん(小学6年生)
『ぼくはレモネードやさん』の著者、榮島四郎くん(小学6年生)

Amazonは、会場に設置された、小児がんと闘う子どもたちやご家族へのメッセージボードに、応援メッセージを記入して下さった方に、最新の物流拠点で活躍するAmazon Roboticsによる梱包作業体験イベントを実施して、特製キャップをプレゼントしました。

アマゾンジャパン合同会社 FC事業部 関東リージョン本部長・原祐介は、次のように話しました。「多くの方にこのイベントにご参加いただきました。心より感謝いたします。Amazonは、毎年9月に全世界のAmazon社員が、ひとつになって小児がんへの理解を高めるためのAmazon Goes Goldキャンペーンを実施しています。私たちは、全国の小児がんと闘うお子さん、そしてそのご家族や関係者のみなさまを、さまざまな形のボランティアで応援してまいります。ぜひこの輪が、世界中に広がることを強く願っています」

Amazonの梱包作業体験の様子
Amazonの梱包作業体験

Amazonは、これからも、社員同士のつながりを強化するとともに、積極的に地域貢献活動に参加してまいります。

Amazon Goes Goldについてはこちらもご覧ください

Amazon ブログのTopページへ