毎年9月に世界中で実施されている小児がんの啓発月間にあわせて、北米、スペイン、ドイツ、英国、フランス、ポーランド、チェコ共和国、オーストラリアそして日本など世界中の社員が一斉に力を合わせて、小児がんの子どもたちと、そのご家族が直面するさまざまな問題に光を当てるために、「Amazon Goes Gold 」キャンペーンを実施しています。日本ではこの期間中に、全国に点在するAmazonの物流拠点フルフィルメントセンター(FC)とカスタマーサービス(CS)部門の社員が、COVID-19対策のための衛生管理やソーシャルディスタンスの十分な確保、マスク着用を徹底したうえで、さまざまなイベントを通じて、小児がんの子どもたちへ応援メッセージを発信します。

「Amazon Goes Gold」キャンペーン
キャンペーンロゴマーク

小児がんは、子どもの病気による死因の第1位であり、治療中も治療後も、本人とそのご家族が、社会からの理解不足によってもたらされるさまざまな問題に直面しています。

そのため今年 Amazonでは、「Amazon Goes Gold」のキャンペーン期間中、実際に小児がんを体験した方たちをゲストにお迎えして、全社員向けにオンラインでの交流会を開催して、小児がんへの理解を深めていきます。

また9月15日と16日の2日間で、社員たちは、パジャマ姿の写真をAmazonのソーシャルメディアに投稿することで、長期の療養のためにパジャマ姿でいることが多い子どもたちの回復を祈り、支援を誓います。また、投稿した写真と応援メッセージは、フォトブックとして製本し、地域の病院の子どもたちとの交流のために寄贈する計画です。そして、9月下旬には、日本全国で小児がんの子どもたちへの支援活動をするNPO法人ゴールドリボン・ネットワークに、500万円の寄付を行います。この寄付金は、同団体によって、小児がん支援活動を強化するために利用されます。

「Amazon Goes Gold」キャンペーン
社員たちはパジャマ姿の写真を投稿する#PJammin

認定NPO法人 ゴールドリボン・ネットワーク 松井秀文代表からは、 今回の取り組みに対して、「私どもは『小児がんの子どもたちが笑顔で安心して生活できる社会の実現』を目指して、2008年より小児がんの支援活動をしている団体です。今年は、COVID-19の影響で病院は面会禁止や付き添いの制限等をせざるを得ず、小児がんの子どもたちやそのご家族は大変淋しく、また不自由な思いをしております。そういう中で今年の心温まるGoes Goldキャンペーンは小児がんの子どもたちやそのご家族への力強い応援となります。皆様のご支援に心から感謝しております」 とコメントをいただきました。

アマゾンジャパン ジェフ・ハヤシダ社長は、「日本全国、そして世界中で小児がんと闘う子どもたち、そのご家族、関係者の皆さまに敬意を表します。私自身、昨年、闘病を経験したことがある高校生から体験談を伺い、さらに支援への決意を強くしました。全国のフルフィルメントセンターでは、地域の病院、小児がんと闘う児童やそのご家族との交流を大切にして、社員が一丸となって、Goes Goldキャンペーンを推進します」と語り、決意を新たにしています。

*このページに掲載されている写真はすべて昨年の様子です。

Amazon ブログのTopページへ