2019年3月に公開されたAmazonのテレビコマーシャルでは、「愛犬との暮らし」をテーマに、犬と暮らす夫婦にスポットをあて、Amazonを生活の中でご利用いただいている様子が楽しく描かれています。愛犬と暮らしている方にとっては思い当たるようなエピソードが登場するかもしれません。夫婦が検索するキーワードにも注目してぜひご覧ください。

■コマーシャルで検索された3つのキーワードにまつわるストーリー
1.「恐竜 おもちゃ」
愛犬がかじって破れてしまったぬいぐるみ。お気に入りのぬいぐるみもAmazonでまた買い直すことができました。

2.「グルメ ドッグフード」
次の場面は食卓。夫婦と同じご飯を食べたがる愛犬のためのキーワードは「グルメ ドッグフード」。健康面もしっかり考慮して、見た目もカワイイ愛犬用のご飯ができあがりました。

3.「犬用 ベッド」? 辿り着いたのは「ブランケット」
最後は夫婦が犬を挟んでひとつのベッドで就寝している場面。最終的に男性が検索したのは自分用の「ブランケット」でした。ベッドを出てソファに横になる男性。でもベッドですやすやと眠る妻と愛犬に満足げです。

■本当に寝ちゃった? 撮影エピソード
今回の主人公の1人(匹)、真っ白な毛並みが印象的なワンちゃんは、撮影中行き交うスタッフや照明機材にも動じず完璧な演技を見せてくれました。1日の終わりに撮影されたベッドに横になるシーンでは、なんと本当に眠ってしまうというおちゃめな一幕も垣間見えました。

お客様ひとりひとりのライフスタイルに合わせ、日々の暮らしの中でAmazonをどのように活用いただけるのかを見ていただきたいという想いがコマーシャルに込められています。
今後のコマーシャルのストーリーにもご期待ください!